カメラのお話

2016年11月 1日 (火)

写真の考察

1/100   F11  -1/3       Av

20161031_230044

Img_1458_2

1/100   F8  -1/3       Av

20161031_230153

Img_1457_2

絞りは、f11にすると、前、後ろ両方がボケずに映る。

f8だと、どちらか一方に絞られる。

1/60  F4.5  -1    Av

20161031_230500

Img_1449_3

いい具合の写り込みなのに、構図が。。。。。。。coldsweats02

1/50  F11 -2    Av

20161031_230547

Img_1450_2

アンダー気味に撮る。

背景が、黒くなり、紅葉が引き立つ。



1/25  F13  -1   Tv

20161031_231135

Img_1453_2


1/60  F4.0  -1    Tv

20161031_231229

Img_1451

1/25  F4.5  -1    Tv


20161031_231109

Img_1456_3

水の流れは、シャッタースピードを早くすると水の流れは、止まってくるけど

あまり、遅いとボケた感じになるような。。。

手ぶれせずに手持ちで撮れるシャッタースピードは、1/60と言われているけど

それくらいがいいような気もする。

話は、変わるけど。

昨夜から。。。。。。慌ただしかった。。

どうにかこうにか。。。。なったような気もするけど。

こんな時もあるんだな。。。。と

気分転換に写真を眺める。

写真、難しいけど、でもやっぱり好きheart04

でも、眠いdespair

早く、寝よ。sleepysleepy

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年4月10日 (金)

カメラバックに

長年、どうやってカメラを持てば使い勝手がいいのか?

考えていた。
バックの中にカメラをポンと入れて持っていたけど
これでいいのかな?なんて。
でも。
この大きさのバックだと、
インナーボックスを2つバックにいれることができて
とても、使い勝手がいいhappy01
カメラ1台、レンズ3本までいけるかな〜
カメラもレンズもしっかり保護できるし(o^-^o)
まだまだ、余裕たっぷり
欲を言えば、上にチャックがついていたらばっちりなんだけど

レスポのバックもこんなかわいいバックがあるなんて
知らなかったな〜heart04
お出かけするの、楽しみheart01
Img_1664

Img_1666

Img_1667

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年4月 9日 (木)

ピンぼけ

Img_2801_2

Img_2800

Img_2799_2


Img_2798_5

先日より、ファインダーをのぞいて、

応用ゾーンで撮ると、ピントがあったときの
ピッ。。という音がしない。
あれ?と思い、違和感を感じながら
撮った写真を見てなくて。。
今日の写真を見たら、ピントがあってなかったり、あまい。。
違和感を感じていたので、マニュアルで撮ったりしてたけど
やっぱり。。ほとんど。。ダメ。
ピンぼけ写真はやはり嫌で。。

原因はわからないし、それが不具合なのかもよくわからなかったけど
初期設定に戻したら、
またピッとなったので、やはり不具合だったということになる。

いろいろあるな〜
違和感ていうのは、やっぱり無視してはいけない。。と思った。
何事も、??て感じたことには。。やはりそれなりの事実があると思う。
自分がその理由に気がついていないだけなんだと。

今日の友人との話で
物事に対して、鈍感でいるほうが幸せなのか?
敏感であるほうが幸せなのか?という話しになり
鈍感力という言葉もあるしね〜って。
結局どっちが幸せなのかはわからないし
それはその人の個性だし
「鈍感なのが幸福であるくらいだったら、
敏感であっても不幸でいたい。」ね〜って
でも。。。『鈍感力』を身につけなきゃと思っていた私には
どーーんと響いたな。
違和感には。。敏感に反応しなきゃと
改めて。。。。思った。
ないものねだりをしても仕方ないし
自分らしく生きていきたいしsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年4月 2日 (木)

被写体深度

Av:絞り数値を決めて撮る

Photo_2

Photo_4
絞りを絞れば、被写体深度が深くなり、ピントの合う範囲が広くなることはわかっていたけど。。

シャッターシピードが想像以上に遅くなることにびっくりした。coldsweats02

f 5.0   1/160    ISO 100

Img_2776




f 8.0   1/100    ISO 200

Img_2775_3



f 13.0   1/100    ISO500

Img_2774



f 16.0   1/100    ISO 800

Img_2773_2



f 22.0   1/50    ISO 800

Img_2772_2




f 4.0   1/160    ISO 200   +12/3

Img_2780_3



f 8.0   1/160    ISO 800   +12/3

Img_2778_3



f 18.0   1/30    ISO 800   +12/3

Img_2779_2

手ぶれしちゃってる。。(゚ー゚;   



f 22.0   1/20    ISO 800   +12/3

Img_2777_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

オートバランス

オートバランス

20150402_203500_5

今日は、曇りだったので、オートで撮ったものは、くもりのモードに近い(o^-^o)

すごいsign03

オート

Img_2771_3


太陽光

Img_2770_3


日影

Img_2769_3



くもり
Img_2768_5



白熱電球

Img_2766_4



白熱蛍光灯
Img_2767_2








| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年4月 1日 (水)

Zéta EX サーキュラーPL

Zeta EX サーキュラーPL

20150331_211108

20150331_211119_2

最近、青空が白抜けしてる写真にがっかりすることが多く。。。
宇治平等院での写真では、青空だったはずの空が、ん?

そして、桜の写真。
ぼーーーっとしためりはりのない写真。
目でみたようには写らない写真に。。がっかり。

どうやら、PLフィルターを使うといいことに気がつき
いろいろ調べた結果フィルターを購入。
だけど。。またこれが。。難しいcatface
付け方を間違っているんじゃないか?と思うくらい。
sign02ʕ•̫͡•ʔʕ•̫͡•ʔの状態で帰宅の途に。。

PLフィルターの効果が現れるのには、
方向、角度、シチュエーションがあるようだった。。。。。
まだ。よくわかってないけど。。

ここのところ。。。。壁にぶつかってばかり。。
やらなきゃいけないことではないから、諦めるという手段もある。
だけど、やめてしまったらそこまで。。
好きなことだから、たくさん失敗を繰り返して
いつか、わかる時がくることを信じるしかない。
catfacebearingweepめげる。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年7月27日 (日)

ISO感度 速度

昨日の試合の反省。

私が反省する事は、写真

Photo_3

ボール、1/320でほぼ止まる。よう。
ISOの感度をどこまであげたらいいのか。。考えていたけど
スポーツモードにしたらISO3200の設定になった。
6400にしてみようと思ったけど
固定が出来なかった。
20140723_215941_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

60D 取扱説明書

60D 取扱説明書 

20140727_205334

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年2月 8日 (土)

写真の明るさを調整して撮影する

写真の明るさを調整して撮影する/露出補正の設定方法

1. カメラの電源スイッチを <ON> にします。

2. モードダイヤルを <P/Tv/Av> のいずれかに合わせます。

3. シャッターボタンを半押ししたあと、<サブ電子ダイヤル> を回して設定します。
設定できないときは、<サブ電子ダイヤル> の下にある <UNLOCK> ボタンを押してから <サブ電子ダイヤル> を回します。

60d

4. シャッターボタンを押して撮影します。露出補正を解除するときは、補正量の設定を < > の位置に戻します。



私が。。まわしていたのは違うダイヤルだった。。。。coldsweats02

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年8月23日 (火)

『 ULTRA MAXi M 』  三脚

ベルボンの 『 ULTRA MAXi M 』
ULTRA MAXi M

■全高EV有:1385mm
■全高EV無:1165mm
■EVスライド:220mm
■最低高:165mm
■縮長:335mm
■脚径/段数:21mm/5段
■質量:920g
■最大積載:1.5kg

Ultramaxim_0400

QHD-41

Qhd41_0400


雲台を、ベルボンの 『 ULTRA MAXi M 』から、自由雲台のQHD-41につけかえた。
その分、三脚の重さもかなり軽くなる。
カメラバックにも入るhappy01

実際に使ってみると、足がなり細い。。。
138センチの高さはちょっと低いように感じる。
荷物をあまり心配しない時は、雲台は 『 ULTRA MAXi M 』のほうが安定するし、
角度の自由がきくから、こっちのほうがいいかな。。

でも、ただでさえ、カメラを持って歩くだけでも荷物になるから。。
これくらいが、限界かな〜。

これからは、この三脚もって出かけよう。
三脚なしでは、ちょっと撮りにくいことも多いから。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧