読書♡

あまり本を読まない私ですが。。。本を読んだら

2008年11月16日 (日)

《1リットルの涙》 木藤亜也

中一の娘に勧められた本を読んだ

小説を読んだのは、ひさしぶり。

[難病と闘い続ける少女 亜也の日記]
脊髄小脳変性症という病気に思春期に突然かかり、体の自由を失っていく。
だんだん悪化していく病状の中で、自分の葛藤と闘い、夢も持とうとした。
「なくなったものを追い求めるよりも、自分に残されたものを高める」
亜也さんは、強い意志の持ち主で、頑張りやさん。
泣いても、嘆いても、がんばり続けた。
人生って、そうものではないかなって、ふと思った。
いいことばかりなんてないし、泣きたくなるときもたくさんあるし〜
でも、諦めずにがんばるshine
ことが大切かな(゚▽゚*)
たくさん、楽しいとき、うれしいこともあるしhappy01

そして、健康であるっていうことはとてもありがたいことで、
たくさんの可能性を秘めているということで
これからの未来を背負う若い人にはがんばって欲しいと思う。

現実は、厳しく、夢や愛を持ち続けることが困難な時代だけど、
でも、あきらめずにがんばらばないとねrock

亜也さんが、亡くなったのは昭和63年
脊髄小脳変性症の根本的な治療法は知られていない。
健康ってやっぱりありがたい。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|